もちろん各zoneに合わせた音楽を指折りのDJ達がかける。酒もすすむ。テーマパークで泥酔できる。すごくいい──
しかしこの記事は、そんな"人の常"に飽きてきた人達に向けた朗報である。

 いつの時代も人は酒を飲んで踊って騒ぐのが好きだ。仕事が片付けば、夜の街に繰り出すのが常である。しかしこの記事は、そんな”人の常”に飽きてきた人達に向けた朗報である。

 普通、イベントとはどういう動機で行くのだろうか。「知り合いが出るから」とか「好きなDJが回すから」とかが妥当だろう。足を運ぶといつもと同じ、音と酒に酔うという受動的ルーティンが用意されている。もう飽き飽きだ。

酒もすすむ。テーマパークで泥酔できる。すごくいい。

 FreeClimbはテーマパーク型イベントと名を打っている。テーマパークとは体験するものである。

 その第一弾はclub ASIAを舞台に幕を開けた。宇宙をテーマとしたSpace zone、最先端の3D live zone、草木のぬくもりのJungle zone、女性限定のMake up zoneという4つのzoneで分けて構成している。

 まさに、さながらどこかのテーマパークだ。もちろん各zoneに合わせた音楽を指折りのDJ達がかける。酒もすすむ。テーマパークで泥酔できる。すごくいい。

VJパフォーマンス、そしてアイドルからバンドまで、生の演奏を3D眼鏡を掛けながら体感する

 3D live zoneに入る時は3D眼鏡が配布される。VJパフォーマンス、そしてアイドルからバンドまで、生の演奏を3D眼鏡を掛けながら体感する事になる。

 大勢が同じ眼鏡を掛けながら踊る空間は、異質でありながら異様な一体感を醸し出す。

 liveの外ではバーカウンターのあるSpace zoneで光と闇の雰囲気とDJのプレイを肴に、酒を飲み談笑している人達がいる。

アーティスティックな作品達とキレイな女の子達が並列で並んでいる空間なのだ。

 2Fでは騒ぎ疲れた人達がJungle zoneで自然をベースにしたプロダクトを鑑賞している。Make up zoneで磨きをかける女の子を横目に見ながら。そう、アーティスティックな作品達とキレイな女の子達が並列で並んでいる空間なのだ。

 Freeclimbのコンテンツは、コンテンツというよりアトラクションだ。来る人を選ばない多様性のあるアトラクションが僕らを待ち受けている。クラブイベントにお決まりのパターンはそこにはない。ならばそこに行く動機は至極シンプルで構わない。

 「ワクワクしたいから」と。

 音楽ユニットMont Blanc、映像作家ZiMA、デザイナーko-hei yamashitaからなるStudio Mt.。メンバー個々の輝かしい活動はここでは割愛させてもらう。そんなことは今ここでは重要ではない。

いつか現場で顔を合わせたら、是非一緒に飲んで踊って騒ぎましょう。ほんとおもしろいから。

 ここで言いたいのは、ジャンルの違う彼らが共通イメージをもって作り出す、風変わりなMt.に、気軽にクライミングしに行けばいいと言うことだ。そこには人工的支点やルートなどは全くない。

 自分の感性だけを持って、フリークライムするのだ。一年に一度だけオープンするテーマパーク。いつか現場で顔を合わせたら、是非一緒に飲んで踊って騒ぎましょう。ほんとおもしろいから。